どえりゃあブログ(サブ)

『どえりゃあ』がコツコツ調べたものを置いておくサイト

チーズ 『フレッシュタイプ』『白カビタイプ』

f:id:ikanngane:20171014230325p:plain

 チーズを詳しく調べてみました。種類が多いのでタイプ別に分かれてます。

有名どころや代表的なチーズを網羅していますのでご覧ください。

目次

フレッシュタイプ

熟成させないチーズ

水分が多く、粒状あるいはペースト状

イタリアのフレッシュタイプ

トマトとバジルなどとサラダ、 ピザ(マルゲリータ)やグラタンにもよく合います

軽めの白ワイン 

ケーキ「ティラミス」に使われている

軽めのワイン・コーヒー・紅茶

  • リコッタ

ホエーを用いて作られる 上品な甘みで

クロワッサンとよく合う

ジャムと混ぜたりしても、クセのない味が生かせます。

イタリアでは、様々なお菓子づくりや料理に利用されています。

 

フランスのフレッシュタイプ

  • ブロッチュ

 濃厚でありながらさっぱり

ハチミツをかけても美味

  • ギリシャのフレッシュタイプ

    • フェタ

    世界最古のチーズ

    古代ギリシャアテネ郊外に住む羊飼いが作り始めました。

    今まで、ほとんど進化していないと言われているチーズです。

    トマトにオリーブとフェタをのせオリーブオイルをかけたり
    きゅうり、フルーツや オムレツにもよく合います。

    塩気が強い時は10〜15分冷水に浸けておけば塩分だけ抜ける 

     

    白カビタイプ

    カビを繁殖させながら表面から熟成

    フランスのチーズに多い

    外側から中へ熟成していくので中心に心が残っているかで熟成度がわかる

    コクが強く濃厚な味わい

    フランスパンによく合う

    フランスの白カビタイプ

    ノルマンディ地方

    フルーティな赤ワイン

    カマンベールの逸話 

    カマンベールは、今からおよそ200年ほど前、フランスのノルマンディー地方のカマンベールに住む農家のおばさんマリー・アレルがナポレオン1世に献上し称賛されたという逸話があります。また、カマンベールで儲けたアメリカ人が、マリーおばさんの像をたてたことから、カマンベールはフランスを代表するチーズのひとつになりました。

     

    マリー・アレルおばさん像(2代目) 

    googleストリートビュー

    https://www.google.co.jp/maps/@48.9280717,0.1977566,3a,30y,260.78h,88.38t/data=!3m6!1e1!3m4!1shYUXRbh9Shfg7nzNq-zVOQ!2e0!7i13312!8i6656

    • ブリ・ド・モー(AOC AOP

     白い部分がなくなるまで完全に熟成させる

    クセがなく万人向け

    最高のデザート

    • シャウルス(AOC AOP

     ダブルクリームチーズ

    熟成期間が短く14日〜20日

    牛が牧草を食べる季節で夏のチーズが好まれる

    食事の最後に最高のチーズ

     型によって形が違うものが6種類ある。

    なめらかでマイルド

    • ブリ・ド・ムラン(AOC AOP

    ブリ・ド・モーは外皮が白くムランは赤い

    風味が強いがなめらかで柔らかい

    • オリヴェ

    ロゼ又はフルーティーな赤ワイン

    サントル地方

     

     

     チーズ用カッター