どえりゃあブログ(サブ)

『どえりゃあ』がコツコツ調べたものを置いておくサイト

煙草・iQOS・FLEVOの一呼吸はいくらか?

価格比較

価格比較するにあたり、使用するデータは主にカタログに記載されている数値を利用しましたが、一部、実計測値を利用しております。

また、同一基準で比較するため1呼吸あたりのコストを試算しております。

 

 

 

f:id:ikanngane:20171012214347j:plain

満足度は個人の主観であるとともに、商品価値を示すものでなく、タバコと比較してタバコに近いほど100%になる様なあくまでも推定値です。

 

説明

タバコにつきましては、ナチュラルアメリカンスピリッツ1本につき16呼吸と計算しております。

通常のタバコよりも葉っぱが25%増量で詰まっているので16呼吸は多い数字だと思います。

ライター等の費用含まず。

 

iQOSにつきましては、iQOS2.4plusで試算しております。

カタログデータ通り計算するとこのようなタバコと変わりない結果となります。

しかし、バッテリーの充電回数、本体の買い替えのタイミングでコストはかなり変わってくると思われます。

実際不調を言われることも多いです。

 

FLEVOにつきましては個人的にはこれでタバコへは戻らないと確信した商品で、タバコが非常にまずく感じるようになりました。

また、タバコを1本ずつ消費するのではなく、バッテリーまたはフレーバーの続く範囲でいつでも吸い始める事ができ、いつでも止めれることから、実際のコスト値はもっと差が出ると思われます。

 

iQOS・FLEVOの充電電気代は含まれていません。

 まとめ

タバコのニコチンがやめれない人はiQOSから

ニコチン依存を感じない場合はFLEVOでも十分に期待ができるかと思います。